持ち運びに便利

キーボードとマウス

パソコンの中の情報を移したいときに、あなたはどんな方法で行いますか。職場で仕事上のデータの移行や持ち運びをするシーンがあると思います。そんな時にパソコンごと持ち運びしたりはしないですよね。USBメモリのような、コンパクトな記録媒体にデータを移行して持ち運ぶ方が多いと思います。 しかし、この持ち運びに便利な記録媒体にも注意が必要です。それはセキュリティの面です。そのコンパクトさから紛失・盗難という危険がUSBメモリなどには付き物です。個人利用の場合であれば被害も少ないかもしれませんが、職場などの法人利用ではニュースになってしまうほどの被害が出る可能性も否定できません。そんな記録媒体のセキュリティは、必需なものといえます。

最近ではこの記録媒体のUSBメモリのセキュリティに関して、非常に有効な技術が取り入れられています。それは、USBメモリのデータ移行の際にセキュリティを同時にかけてしまうシステムです。データの移行時に自動的にそのデータに暗号をかけることで、使用時にはパスワードを知っていなければ利用できなくすることができるようです。 一番はUSBメモリのような記録媒体をしっかり保管することが大切です。ですが、重要なデータの暗号化をしておけば、盗難や紛失という万が一の状況にも対応できます。これは中のデータを守ることもそうですが、自分自身を守るという意味でも非常に有効です。 あなたも大切な情報の移行や持ち運びには、しっかりとしたセキュリティ対策を心がけましょう。