サーバー運用

スマホを見せる女性

レンタルサーバーは、ホスティングサーバーとも呼ばれ、複数のユーザーが1台のサーバーのディスクスペースを借りて利用する方法をいう。 例えばWEBサイトを構築する場合には、サーバーを用意する必要があり、しかも常時運営するためには、24時間365日稼働させる必要がある。これを個人で行う場合には負担が大きくなるため、レンタルサーバーを活用してWEBサイトを運営するというケースが一般的となっている。 レンタルサーバーの利用では、通常はインターネット上から申し込みを行い、月額利用料金を支払うのみで利用できる。料金も、容量や利用用途によって異なるが、月々数百円から数千円程度で利用でき、手軽に利用できることから人気が高くなっている。

レンタルサーバーが人気の理由には、いくつかのことがある。まずは、サーバー運用の手間が省けるということがある。 サーバーを運用するためには、まずはサーバーの機器を購入する必要がある。例えば、WEBサイトをそのサーバーで運用するためには、常に通電しておく必要があり、サーバーのアプリケーションのバージョンアップなどのメンテナンスも必要になる。 レンタルサーバーでは、これらの機器の購入や保守などは全て業者で行われるため、利用者は実施不要でその手軽さが人気の理由になっている。 また、サーバーを運用するためには、セキュリティ面の配慮やその対策が必要になるが、これらについても基本的には業者が行ってくれるため利用への安心感があるということも人気の理由になっている。